【2017年版】最低限フィリピンで気を付けるべき5つこと

【2017年版】最低限フィリピンで気を付けるべき5つこと

せっかくフィリピンにいるので生活情報も書こうかなと。

私はフィリピンのセブ、IT park近くに住んで5ヶ月ほどになります。

ずっと昔のことはわかりませんが、2017年現在の最近の犯罪事情などはわかります。

そんな生活の経験から5つだけ守るべきことを書いてみます。

 

1.夜に歩かない

何ともすごい普通なアドバイスですが。これが個人的に最重要です。

ポイントは、「歩かない」です。

夜飲みに行くのも、夜カフェで勉強するのも、夜タクシーに乗るのも、基本何の問題もありません。

ただ、「歩いて」はいけません。

ちなみに、複数人でいても同じです。

たまに「夜は一人で外出しないように。」という注意喚起を見ますが、意味はありません。

相手も複数で向かってきます。(スリ、脅し、強盗等々)

 

2.小銭を用意する

フィリピン人はとても正直な人達です。

つまり、店員だろうとめんどくさい事はめんどくさいと言ってきます。

小銭持ってないの?
もう少し小さいのない?
お釣りないからお釣りなくていい?(タクシーにて)

こんなことが起こりえます。準備しておきましょう。

 

ポイントとしては、コンビニでは500ペソか1000ペソを、
スーパーなどでは常に1000ペソで払うようにしましょう。

嫌な顔一瞬されますが、気にしないでください。

(※フィリピン人はめんどくさがりなわけではありません、自分の気持に正直なだけなんだと思います。)

 

3.遠目で日本人とわかる装飾品を付けない

例えば大きいイヤリング、例えばロングのひらひらな綺麗で可愛いカーディガン、例えば自撮り棒で撮影等々。

遠くから見ても金持ってますと宣言するような形になりかねません。

現実にお金を持っているかはあまり関係ありません。

なぜなら、日本人のカバンの中には盗めるものが沢山入っているからです。。。。

カメラとか、iPadとか、スマホとか。

持っていてもいいんです。遠くの人に「私盗めるもの持ってます(そんな雰囲気)」を宣言しないようにしましょう。

 

 

4.話しかけられたら荷物をチェックする

親切にしてくれる人は沢山います。

道が渡れなかったら車を止めてくれる人、迷ってたら行き先を教えてくれる人、

フィリピン人は基本優しいです。

でも、悪い人もいます(世界共通)。

街中でカバンを前に抱えて歩くフィリピン人も沢山います。

声かけてくる人には喜んで対応しつつ、常に荷物には気を配るようにしましょう!

・声かけてくる人と、スリがグループの場合

・優しそうに話しかけつつ盗む場合

等々、色々あります。気を付けて下さい。

 

5.飲みすぎない

・・・以上!