オスロブ(ジンベイ)からモアルボアル(ウミガメ)へのツアー!【格安】

オスロブ(ジンベイ)からモアルボアル(ウミガメ)へのツアー!【格安】

こんにちは!

今回はセブを代表する観光地、オスロブでのジンベイザメウォッチツアーと、

モアルボアルでのウミガメウォッチツアーを日帰りで行ってきました!

ついでにマゼランズクロスとサントニーニョチャーチも!

さらに、通常この手のツアーをツアー会社さんで頼むとかなり高額になってしまうところ、

半額以下の値段に抑えて実施できました!そのコツなんかもお伝えします!

 

セブ市内出発 【朝5時】

セブ市内を出発します!

この時、時刻は朝5時!

オスロブへ行く方法は、

  • ツアーで行く(ツアー会社の車)
  • 公共バスで行く

などが一般的ですが、今回はバンをレンタルしました!運転手さん付き!

これ、もちろん公共バスよりは高いんですが、メリット満載です。

【メリット】

  • 公共バスより早く到着できる(途中で止まらない、順番待ちしなくていい)
  • 好きな時に休憩出来る
  • 寝れる!
  • 冷房管理も自由にできる
  • 寄りたい所にちょっと寄れる
  • 観光地についても荷物を超安心して置いておける
  • 荷物量を気にせず持ち運べる
  • 着替えも出来る
  • 寝れる!

行きと帰りの分で寝れる!が2回出てきてしまいましたが、それほど便利です。

また荷物や貴重品の管理などを気にしなくていいところも、バンレンタルの素晴らしいところ!

【デメリット】

  • 公共バスよりは高い

とは言え!これも人数が増えると、実は限りなく下げることが出来ます。

そもそも公共バスの場合、

まずバスターミナルに行くためのタクシー代が往復で200ペソから300ペソかかります、
また、公共バスも往復で300ペソぐらいかかります。

バンレンタルについては時間制ですが、上記に500ペソから1000ペソ追加ぐらいの差です。

もちろんこの差を大きい!と見ることも出来ますが、

上記のメリットを考えると、案外バンレンタルのほうがいいとご理解頂けるかと!超快適です!

なお今回は、こちらのゲストハウスのどかさんにお願いしました!

価格も安く、バンも綺麗でベテランドライバーまでついてくるのでおすすめ!

 

途中休憩を取りつつ(バンレンタルなので好きな所で休めます!トイレも!)、

オスロブを目指します。

レンタルバンなので中でゆっくり、荷物などを気にせずに寝れました!

 

オスロブ~ジンベイザメツアー【朝8時~10時】

朝8時頃にはオスロブに付くことが出来ます。
少し早いようですが、

場合によっては10時半には締め切られる事があるらしいので、早めがおすすめです!

(何時間もかけて行って、見れなかったら悲しいですからね、、、)

まずはジンベイザメツアーを申し込みましょう。

レンタルバンの場合、運転手さんが知っているツアー会社の入り口まで連れて行ってくれるので安心!

ツアー料金は

1人  1200ペソ(ライフジャケット、シュノーケリング等込)

その他

・フィン 100ペソ
・水中カメラ 550ペソ

特に水中カメラがおすすめです!
これは、水中カメラをレンタルし、かつグループに専属のフィリピン人カメラマンが付いてくれる形になります。(船の船頭さんが一緒に潜って撮ってくれる感じ)

ちなみに、静止画のみです。

私は自分でも水中カメラ持っていましたが、こちらは動画に使い、静止画はプロに任せました!
しっかり取りまくってくれるので安心です。

ちなみに、人数が多い場合2つの船に別れたりすると思いますので、

その場合カメラの台数も増やすほうがいいかと思います。

ツアーの流れ

申し込みが終わったら、着替えましょう。

レンタルバンなら着替えも、着替え後の荷物もバンの中にすぐしまえるので楽です!

なお、ジンベイザメのポイントは船で行きますが、とても小さい船なので、

極力荷物はゼロか、小さい防水の袋にいれたものだけにしましょう。もしくは濡れてもよいものだけ!

準備が整ったら受付にその旨を伝えて、受付に連れて行ってもらいます。

受付では、名前と国籍をそれぞれ書いた後、

ツアーにおける注意書きを読まされます。これは日本語もちゃんとありますので安心。

大事なポイントはこんな感じ。

  • ジンベイザメに触らないこと
  • ジンベイザメのために日焼け止めなどは落としてから舟に乗ること
  • 勝手に餌をあげないこと
  • フィリピン人スタッフの指示に従うこと
  • 従わない場合退場にさせられるということ

他にも、ライフジャケット全員着用のことという項目がありますが、

なぜか船に乗ると外せ外せと言われます。

もちろん着ていない方が潜りやすいのですが、ここらへんはご自身の泳力とご相談で。

 

その後、ビーチ側に出たらツアー番号を呼ばれるのを待ちます。

自分たちの番号がわからなければ、受付からガイドしてくれている人に確認しましょう!

番号を呼ばれると、そこでライフジャケットやシュノーケルのセットが渡されます。

 

その後は船に乗り込みます!

船に乗ったらあとは順にジンベイザメを待ちつつ、ボートの脇に捕まりながら待ちます。

泳ぎに自身がないかたでも、ライフジャケットで浮きながら、ボートに捕まっているだけなので問題ありません。

ジンベイザメが来たら、「潜れ!潜れ!写真!写真!」とカメラマンに言われます笑

水に入り、ボートの脇にある足の部分を押して潜りましょう!

あとはご自由に泳いだり、撮影したりと楽しめます。

30分ほどでツアーは終わります。

 

ツアーが終わったら、あとは着替えやシャワー、写真を受け取ります。

写真はグループ単位でCDに焼いてくれて、しかも、スマホに全データ転送してくれます!

これが最高です。さすがにサービス慣れしている感じですね。iPhoneもAndroidも大丈夫でした。

 

この時、時間は朝10時です!まだまだ観光できますね。

オスロブ出発【朝10時~11時半】

オスロブを発ち、モアルボアルへ向かいます!

途中休憩を挟んでもいいですし、ついてからすぐお昼にしてもOKです。

目的地によりますが、今回はシュノーケルでウミガメウォッチ目的だったため、

パナグサマビーチに行ってきました!

モアルボアル~ウミガメウォッチツアー【11時半~15時半】

まずは昼ごはん!の前に、シュノーケリングの船をチャーターしましょう。

観光地エリアのビーチ近辺、港近辺にいけば、バンを見るやいなや業者の人が寄ってきます。

ここからは値段交渉です!

今回我々は3箇所のシュノーケリングで、2200ペソでした。(ラフジャケット、シュノーケル込み)

4人なら1人あたり550ペソ。悪くないですね!

粘って色々あたれば恐らく1500ペソぐらいまではありそうな気がしますが、

そこは観光の時間を減らすことと引き換えになるので、

人数と状況によっては3000ペソぐらいまでは妥協ラインかもしれません。

参考までに値下げの過程…
業者:アイランドホッピングどうだい!
私:いくら?
業者:3500ペソだよ!安いよ!シュノーケルとライフジャケット込!
(高すぎる・・・)
私:高すぎるよ!(立ち去るフリをする)
業者:解った!じゃあ2800でどう??
(いきなり安くなりすぎ!)
私:それでも高いよ。1500なら?
業者:無理だよーそれは無理。
私:1500ペソ。
業者:無理だって!安すぎ!2500でどう?
私:1800ペソ。どう???OK???
業者:無理無理!
私:わかった、じゃあ2000でどう?
業者:絶対ムリだよ!2200ならなんとか、、、
私:OK2200ね!決まり!

こんな感じでした。後半はもう少し相手がごたつきますが、実際ローカルの人はもっと安い値段でチャーターしているので(1000から1500、安いともっと安いらしい)、
それさえ知っていれば戦えます!
無理はしすぎず、でもこれもローカル個人観光の楽しみと思ってチャレンジしてみください笑

お昼ごはん

私達一行は、こちらのレストランで食べました。
他にも業者おすすめのローカルや、ちょっとお高めのレストランまで色々あるので、探してみましょう。

アイランドホッピング(ウミガメ、サーディン大群)

その後はアイランドホッピングへ!

船に乗り込みあとは船頭に従って行きます。

3箇所潜り、今回は30分ずつというところ。

1箇所目は近場の小島ペスカドールアイランド近辺で、綺麗なコーラルや小魚を鑑賞!

少し深い所もあり、ダイビングしている人などもたくさんいました。

2箇所目はメインのウミガメ!

最初はいなくてどうなるかと思いましたが、

気づけば船の周りに、1匹、2匹と泳いでいるウミガメを発見!!

どうやら定期的に海面へ出てきては、潜ってを繰り返しているようでした。

時期が雨季なこともありここらへんから波が出てきましたが、

なんとか1匹のウミガメと並走?並泳?することができました!感動!

3箇所目は大量のサーディン!大群が眼前で泳いでいました。

近寄ると逃げては大群を形成し、ずっとその光景が見れて面白いですよ!

モアルボアル出発【16時】

アイランドホッピング後はモアルボアルを出発です!

周辺ではシャワー20ペソで借りられる場所などもあります。

かなり簡易的ではありますが、海水でベタベタしなくなるのでおすすめ。

 

ここからセブ市内まで、また2時間から3時間ほどになります!

マゼランズクロスとサントニーニョチャーチ【18時】

帰り道、ついでにマゼランズクロスとサントニーニョチャーチにも行ってきました。

こちらもセブ市内で有名な観光地です。

帰り道にふらっと寄れるのも、レンタルバンのメリットです!

さらになんと、この日はマゼランズクロスの前の広場で野外ボクシングをやっていました笑

City Hallの前で異様な雰囲気です、、、。

最後はホテル近くまで帰り、女性陣希望のデザートを食べて終わり!

トータルで、一人あたり4000ペソかからない額で済みました!

ツアーに申し込むと、ジンベイザメだけでこれ以上かかるため、

今回の行き方はかなりお得な方法となっています。

時間があるかた、個人で交渉できるかたは、是非チャレンジしてみてください!