Africa Code Weekに参加。生徒にプログラミングの入門を教えてみました、、、が、難しい色々

青年海外協力隊(JICA)

先日Africa Code Weekという活動があるということを知りました。

せっかくなので、青年海外協力隊PCインストラクターとして私の働いている学校でも、

Scratchという初心者向けの

プログラミング学習ソフトを使った授業をやってみました!

 

Africa Code Week とは?

若い世代にデジタルの知識やコーディング技術を教えて、次世代を担う若者にしよう。

という試みのようです。

アフリカ全体で3年前から活動しているようです。

Home | AfricaCodeWeek

 

Scratchとは?

ソフトウェアの名称で、

MITメディア・ラボ(マサチューセッツ工科大の研究所)が作った、

プログラミング言語及び開発環境の事を指します。

ざっくりと目的を言うと、

子供でも楽しんで”プログラミングとは?”を体感出来るソフト

という感じです。

Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.

 

使い勝手としては、

  • コードを書く(タイピング)する必要が無い
  • 見た目にわかりやすい素材が多い
  • 細かい理屈的な物は意識しないでいい(意識出来ない)

という感じです!

また、オフラインで使えるのが私には嬉しかった!学校のネット環境が弱いため。

Scratchを使って授業してみた!

私は今エスワティニ(南部アフリカの国です・・・!)で高校のITの先生をしているので、

せっかくだしということで生徒にScratchを触らせてみました。

 

もちろんこれが初プログラミング!

みんな「自分の作ったプログラムで画面の中の物が動く!」を楽しんでる・・・!

そして集中しだしたらむしろ静かになる・・・笑

 

一応機能的にはかなり使いやすくなっているので、

使う分には問題なかったです。多分誰でもスタートは出来ます。

 

が、例えば説明書きが出てきたときに、

それをしっかり読んでその通りに実行するというのが意外とみんな出来ない。。。

書いてある内容を読めばわかることを質問されるのあるあるでした・・・!

 

Scratchのパーツの中にはパット見で似ている物も多いので、

一つ一つの違いや意味を理解していないと、同じようなものに見えてしまうのです。

 

まとめ

  • Scratchは本当に初心者!という人におすすめです。
  • 目標物が明確なチュートリアルがそこそこあります。
  • オフラインでもいけるのでネット環境が悪い人にもおすすめ!

 

これで実際に使えるプログラムを作ることは出来ないので、

何か具体的な成果物などを求める場合には別の言語がおすすめです。

 

 

View this post on Instagram

 

#africacodeweek ということで、プログラムの授業をやってみました。 生徒は初めてプログラミングをするので、そもそもプログラミングとは?から始め、実際に自分の作ったものが画面の中で動くまで体験して、ほとんどの生徒はハマってやっていたのでまずまずかなと。 ただ、Scratchというプログラミング初心者向けソフトを使ったわけですが、これがなかなか大変で教え方をもっと工夫しないとなぁと… 生徒はまだまだ時間欲しそうだったので次回頑張る…! #eswatini #swaziland #jica #scratch #africa #エスワティニ #スワジランド #青年海外協力隊 #プログラミング #まず画面の説明を読んでその通りやるという行為が彼らにとって普通のことではないと理解するんだ俺

A post shared by Yuji Nemoto (@motyu11) on

 

 

コメント