青年海外協力隊2017年度春募集PCインストラクター合格!

カンボジア

以上!笑

特に情報のない記事ですが、とりあえず合格したということで・・・!

青年海外協力隊のボランティア公式ページで発表されました。

職種別詳細結果はこちらのPDFから。

合格者数は647人で、応募者数から見ると約半数となっています。

私の応募したPCインストラクターも、元々50人枠、50人応募の27人合格という感じでした。

気になる国についてはまだ書類が実家に届いていない(はず。カンボジアにいるのでよくわからない)なので、

またあとで・・・!

他の受験者友達にも聞いてみた

事前に知り合いだった人や、2次試験の会場で一緒だった人に連絡してみました!

今の所返事のある友達は合格していたので嬉しい!

訓練所は国によって?別れるのが基本らしいので、

誰と一緒になれるかは不明ですが、楽しんできたいと思います。

 

やるべきこと

まずは書類からですが、2次試験の会場で言われていたのは、

「合格通知の中に直筆で返事しないといけない書類がある。」

とのこと。私には無理だ(すぐには)。

とりあえずそれに向けて、帰国の日程を決めねばならない。。。

 

カンボジアで生活してみて

カンボジアで合格通知を確認したわけですが、こちらの生活について何も書いてなかったので記録を、、、

カンボジアは基本米ドル、ローカルではリエルというカンボジア現地通貨を使います。

ただ、基本どちらも使えて、たまにお釣りで両方まざって帰ってきます。

レートも適当で、1ドル4000リエルとして固定されています。国際的な為替なんて誰も気にしません。

 

町並みはトップ画像にも使いましたが、フィリピンや他の東南アジアと似ています。

あえてあげるとすると、元ヒンドゥー現仏教国家なため、

そこらへんの宗教的な混ざり方、またポル・ポト政権時代の流れから人口の推移や、

知識階級の人数、政治的な透明度の低さなどがわかります。

ここらへんは特に、現地の人と話していると感じられるポイントです。

 

ただそこでも異色なのがシェムリアップだと思います。

(プノンペンも首都なので栄えていると思いますが)町並みがかなりしっかりしています。

ローカルの古い建物もありつつ、場所によっては渋谷か池袋なみにネオン輝く繁華街が出てきます。

そこに居座るのは欧米人が超多数。

総数で見ると海外からの人間の方が多いと思えるぐらいの光景です。

 

遺跡産業ともいえるシェムリアップの混沌具合、過去の混沌と今の混沌がもうごちゃまぜです。

もうちょっとしっかり楽しんでから、また雑感を書いてみたいと思います!

次は何かしらの情報と共に!

 

最後に、青年海外協力隊に合格した方、そうでないかた、とりあえずお疲れ様でした!

既に合格した方でも、これから訓練所で合うかもしてない方でも、

是非どこかでお話ししましょう!

ではまた。

 

コメント