PCインストラクターで応募する際に気にするポイント(多分)

青年海外協力隊(JICA)

PCインストラクターで応募し、2次試験を受けてみた結果、以下の点がポイントになるように思われます。

今日(2017年7月23日)時点で私が通過したか不明なため、あくまで憶測です。

応募の前提

まず、PCインストラクターは

「PC使用の経験、Microsoft Excel/Word/PowerPoint等の経験」が前提になることが多いです。

つまり、仕事や大学でPCを利用したことがあれば、ほぼ誰でもあてはまることになります。

 

 

応募時に書くこと

これはまず応募の時点で記入が必要になります。

  1. IT関係の資格等
  2. IT関連の職歴、もしくは指導歴
  3. Office利用経験
  4. ネットワーク構築経験
  5. サーバ構築経験
  6. パソコン組み立て経験
  7. ホームページ作成経験

等々です。

1次試験をこの段階で受かりそうかがポイントになりますが、どれぐらいで落とされるのかはもちろん不明です。

ただし、4から後は特定の要請に向けたチェック項目だと思います。尻込みする必要はなさそうです。

 

PC経験関連で聞かれること

基本は、応募時に提出している内容から突っ込まれます。

  • これまでのPC操作経験
  • 各技能についての質問

ここで、例えばサーバを触ったことがあればどれぐらいあるのか、ネットワークは自分で作れるかなど聞かれます。

定番のようですが、PC分解経験も聞かれました。

また、グラフィックスソフトの経験(Illustratorなど)も聞かれました。

つまり、PCインストラクターといいつつ、デザイン職的なポジションの人も探しているということかと思います。

職種名がPCインストラクターなので、そうゆう応募者が少ないのかもしれないですね。

 

いくつかの技能に当てはまる場合は、どれが1番得意かも聞かれます。

 

その他PCインストラクターの面接で聞かれること

色々聞かれたのでまとめると。

  • 希望外の要請になるかもしれないけど大丈夫?
  • 僻地でも大丈夫?
  • 都市部とかになるかもしれないけど大丈夫?
  • 特別な子供(目が見えないなど)向けの学校になるかもだけどOK?
  • バイクは・・・今回は要請ないですねと言われた。

 

最後に

5,6人の同種受験者に話しを聞きましたが、(私もですが)普段からPCインストラクターをしています。という人は見かけませんでした。

もしかすると、本業の人にとってはかなりチャンスな職種なのかもしれません?

 

 

コメント