最後の旅行 青年海外協力隊 PCインストラクター

青年海外協力隊(JICA)

派遣前訓練の始まるまでの期間、

皆さんどう過ごされて(過ごそうかなと考えて)いますか!?

私は青年海外協力隊で2年派遣される前に、

国内の行きたいところを行っとこうと旅行してきました!

旅行の行程

初日は高速バスで東京から神戸に。その夜に神戸から大阪に。翌日朝に大阪から飛行機で福岡に。福岡でレンタカーを借りて大分別府由布院へ。由布院の温泉宿で泊まり、翌朝由布院の金鱗湖へ。金鱗湖から阿蘇山へ行き、阿蘇神社から熊本城へ。熊本城から鹿児島へ入り一泊し、翌日朝フェリーで屋久島に。その翌日朝には屋久島で縄文杉を見るため登山し、翌日朝に鹿児島市内に戻り桜島へ。桜島観光が終わったら新幹線で広島に入り、終フェリーぎりで宮島へ。翌朝宮島の厳島神社で徒歩で大鳥居に行き、その後宮島の弥山に登り、広島市内に戻って夕飯した後に夜行バスで東京に帰る。

大変なことになってました(振り返り)

いやー楽しかった。

なぜこんな旅が出来たか。同期隊員と行ったからだと思います。

やはり全員、青年海外協力隊に行こうという人です。

基本ポジティブだし、その状況を楽しもうという気持ちがあります。

何より、お互いの気持ちや状況を知っているからこそ、らくーに居られるんですね。最高。

夜行バスでいざ神戸へ

初日は、夜行バスで東京から神戸へ

値段は確か6000円ぐらい・・・?

4列シートでしたがたまたま横がいなかったので快適!

今回初めて使ってみましたが、↓ここおすすめです。

格安移動検索サイト

神戸では青年海外協力隊に合格が決まっていて、別隊次の人と会ってきました!

そして神戸観光!

2次試験会場で会ったPCインストラクターの人だったんですが、これもいい刺激に!

夜は大阪に移動しました!

今回の旅の同行者1名と合流し、大阪で一泊。

大阪から福岡に。レンタカーで九州周遊!

翌朝飛行機で福岡に移動し、他の同行者で2名と合流して福岡で昼ごはん!

その後福岡でレンタカーを借りて九州周遊へ出向きました!

何とレンタカーも格安で確保できました。キャンペーンに乗っかれたのがよかった・・!

2日で鹿児島乗り捨て含めてたったの7000円!

大分別府に移動して、

別府の地獄温泉巡りに!

その後湯布院に移動して、温泉宿に宿泊。

こちらも当日集合してから予約しました。

今回の旅は基本無計画・無予約で当日その日の予約する

大人な旅でした(

阿蘇山・阿蘇神社・熊本城から鹿児島へ

翌朝は金鱗湖など湯布院エリアを観光して、

阿蘇山へ行ってきました。

阿蘇山も熊本地震の影響で火口まではいけませんでしたが、

その爪痕はある意味今だけなので貴重なタイミングでした。

その後の阿蘇神社、熊本城も地震の影響がまだ色濃かったです。

ちなみに道中はレンタカーで移動。楽!

この日は熊本城を見た後、同行者1名が帰りました。

途中離脱も何でもアリな自由旅でした。

その後鹿児島で一泊。九州車横断を達成!

屋久島到着から縄文杉準備へ

翌日は朝から高速船で屋久島に入りました。

高速船は種子島経由や直行便など色々あるので、事前にチェックしましょう。

屋久島に入ったらまずは宿へチェックイン。と、ちょっと食料品調達。

縄文杉へはガッツリハイキングになるので、しっかり準備をしておきましょう!

(私は初心者なので、同行者1名の登山慣れしている人に全部教えてもらいました!)

そして、ここで翌日のバスチケットを購入しておきました。これ必須です。

我々は↓の「ばんちゃん」の観光案内所でチケットを買いました。

(なぜバス?等々登山の詳細は色んなWebサイトが解説しているので省きます。公式ではこちらなど参照。

とりあえず簡単に行程を説明すると。

縄文杉到達までの行程・やること

  1. 登山当日の朝ごはん、お昼ごはん、飲み物、行動食を確保する(前日必須)
  2. 翌日の屋久杉自然館→登山口までのバス往復チケットを買う(前日必須)
  3. 朝一最速で屋久島自然館まで行く
  4. 屋久杉自然館で登山口までのバスに乗る(朝4時から5時頃)
  5. 登山開始(約10時間ハイキング)
  6. 16時半(最悪17時)までに登山口まで戻ってくる
  7. バスで宿へ

宿についてからチェックインと、

翌日の朝ごはん・昼ごはん(共にお弁当)をフロントで予約しました。

これ、予約できない宿もあるかと思うので、その場合弁当屋を必須で探しましょう。

翌朝はAM3:30起きになるので早く寝ました。

いざ縄文杉へ!

早起きしてまずはフロントで朝ごはん・昼ごはんを受取り、屋久杉自然館に向かいます。

私達の宿の近くからバスが出ていたので、それに乗ります。(前日買ったチケットとは別です。)

屋久杉自然館前から、前日のチケットを使って登山口まで行くバスに乗ります。

この時点でかなりの人数がバス待ちしているので、なるべく早く屋久杉自然館に行きましょう。

縄文杉までは約10時間の工程になります。

途中でアクシデントなどあると、帰りがどんどん遅くなります。

そして基本雨の島です。余裕を持たせるためにも、早起きが大事です。三文以上の得があります。

登山の行程は登った人の醍醐味ですので省略しますが、

色んなサイトに書いてある持ち物リストは、しっかり押さえてから登りましょう。

全部役に立ちます。そして、慣れてる人と行きましょう。

帰りの時間を見誤ると大変なことになりそうな予感がすごいです。

我々はかなり余裕をもってゴール(帰りのバス乗車)することができました!

夜は超人気の焼肉店でたらふく肉を食いました。癒やし最高。

桜島観光から広島へ

翌日は朝からかめのてなどの屋久島料理を食べ、その後帰りのフェリーで九州本土へ!

ここでまた同行者1名と別れて、桜島へ!

桜島は観光用のアイランドビューバスというのが出ているらしく、

しかも九州本土側のフェリー乗り場でチケットを買うと、フェリー代金もちょっと安くなります!

さらに、荷物を預かってくれます!これが何より最高でした。肩が軽い!

桜島に着いたらアイランドビューバスに乗って流れで桜島を観光。

行き帰りのフェリー合わせても、3時間もあればしっかり見て回れます。

 

その日のうちに、広島まで移動しました。ここは新幹線で!

鹿児島でのお土産、駅弁+アルコールもしっかり確保で乗り込みました。

広島から宮島へ

この日はこれで終わらず、なんとか宮島へ行きました!

宮島に泊まることで、翌朝の干潮の大鳥居に間に合わせたかったのです。

厳島神社の大鳥居は海の中にありますが、干潮時だけは歩いて近くまでいけます。

干潮の情報はこちら参照。

広島駅から宮島口まで、宮島口からフェリーで宮島へ。

この旅で何回フェリーに乗り、何回島へ上陸したことか。

しっかりチェックイン時間内で宿につき、その日は早くに就寝。

大鳥居に触れ、弥山登山して帰路へ

この日は干潮が朝6時頃だったので、早起きして歩いて向かいます。

清々しい空気と、大鳥居に厳島神社本殿。なんともいい時間でした!

その後は宮島観光と、弥山に登ってきました。

ロープウェイを乗り継ぎ、往復1時間ほどの徒歩登山。

由布岳、阿蘇山、屋久島、桜島、弥山・・・どれだけ登るのか(

その後は広島駅まで戻り、最後に広島焼きを食べて帰路につきました。

私はまた夜行バスで!(13時間。でも今回は3列シートで4500円!)

 

かなりの無計画、そして超自由な最高な旅でした!

みんなの行きたい所、興味のある所を詰め込めるだけ詰め込みました。

どこに行くかは拘りましたが、

誰と行くかの重要さを身にしみた旅でもありました!

楽しかったー!みんな、また旅行行こう!

コメント