モザンビークから陸路でエスワティニ(スワジランド)に入国する方法!【2018年情報】

エスワティニ(スワジランド)

エスワティニ(スワジランド)は南アフリカと

モザンビークに挟まれた国です。

それぞれ陸路で入国することが可能ですので、今回はモザンビークからの入国方法を書いてみます!

 

ボーダーについて

モザンビークからのボーダーは、

NamaachaとGobaという2つの箇所でエスワティニに入ることが出来ます。

今回私は、Namaacha(生茶)を使ったので、生茶について書きます・・・!

 

なお、どちらのボーダーも22時まで開いているようですが、

本当に22時前に行って手続きしてくれるかは謎です。なぜならアフリカだから。

時間に余裕を持って超えましょう。

 

Namaachaボーダー(モザンビーク側)

モザンビークの首都マプトから車で約2時間ほど。

タクシーを使うとここまで1万円から3万円ほどかかります・・・!

マプトから午前中に出ている乗合バスを使えば、1000円ほどでいけますが、

午前中しか出ていないこと、満員になるまで発車しないことがあるため、

私は利用できませんでした。主に前半の理由で。

モザンビーク側の生茶ボーダー付近は街になっており、

飲み屋や店も見受けられました!

(おそらくホテルなどもありそうな雰囲気でした・・・!)

 

通過方法

このボーダーは基本みんな車で横断していました。(両国間は車で行き来する人が多いため)

私は歩いて越境しましたが、

  1. モザンビーク側出国スタンプ(簡単な質問)
  2. モザンビーク側出国チェック(簡単な手荷物検査とお金くれ攻撃
  3. エスワティニ側ゲートでゲートパスの紙を貰う
  4. エスワティニ側入国スタンプ(簡単な質問)
  5. ゲートパスにハンコを貰う(4のすぐ隣)
  6. エスワティニ側入国ゲートでゲートパスを渡す

こんな感じの流れでした!

2でお金くれない?って言われたり、ゲートパスという紙を貰ってゲート通過するぐらいで、

他はかなり簡単な越境でした!

 

エスワティニはVISA無しで入国出来るため、基本的に入国審査は簡単と言えるでしょう。

 

Namaachaボーダー(エスワティニ側)

私は18時頃に越境したのですが、

この時間はすでに公共移動手段は何もありません。

(何かしら足を用意して越境しましょう)

また、エスワティニ側はガソリンスタンドがあるぐらいで、周りにあまり店もありません。

車で10分ほどのところに小さな町もありますが、そこもかなり小さく、

車で30分ほどいかないとホテルはありません。

 

まとめ

  1. 夜も越境可能
  2. 審査はそんな難しくないし、時間もかからない
  3. でも越境後の移動手段は無い(要準備)

モザンビークからエスワティニに越境する場合、

時間と、越境後の移動手段・宿泊場所等を確実に決めておきましょう・・・!!

 

おまけ(夜越境して、どうにもならない場合の対応方法)

Simunyeという街を目指しましょう。

ここは大きい街ではありませんが、Namaachaボーダーから近く、

他のマンジニやムババネというエスワティニの大きい街までの途中にあるため、

ヒッチハイク可能な場合があります。

(ボーダーからSimunyeまで、通常18ランドかかるため、それを目安に運転手さんにお支払いしましょう!)

 

SimunyeにはSimunye Country Clubというホテルがあります!

ここに泊まり、翌朝公共移動手段でマンジニやムババネに向かいましょう!

 

 

コメント