エスワティニ最大のお祭りリードダンス2018年事前情報まとめ (旧スワジランド)

エスワティニ最大のお祭りリードダンス2018年事前情報まとめ (旧スワジランド)

アフリカ最後の古王国エスワティニeSwatini(旧スワジランドSwaziland)の一大イベント、

処女ダンス等とも揶揄されることのあるリード・ダンスの2018年開催情報をまとめておきます!

 

そもそもエスワティニってどこ?どんな国?って疑問にはこちらで。

スワジランド/エスワティニってどこ?どんな国?[2018年現在現地情報]

 

リード・ダンス(Reed Dance)とは?

エスワティニの言葉シスワティではUmhlangaと言い、

年に1回、毎年8月の終わりから9月の頭にかけ行われる伝統的なお祭りの一つです。

お祭りの主たる目的は、

「王母への忠義の表現と、若い女性同士の繋がり・連帯感を持つこと」

にあるとのことです。

つまり主役は若い女性(「未婚、子供をもっていない、処女」が条件と言われている。)です。

ちなみに、他にもエスワティニには伝統的なお祭りがいくつもあり、それぞれ主役がいます。

私はこちらの、「大人の女性が主役」のお祭りにも行きましたが、

メインでダンスするのが成人女性というだけで、特にそれ以上の意味合いはありません。

マルーラフェスティバルEmaganwiniに参加!スワジランドのお祭り

2018年のリード・ダンスはいつ?

今年のリード・ダンスは

8月28日(火曜日)から9月3日(月曜日)と言われています。

「頃」とつくのは、政府(王室)から正式なアナウンスがあるまではまだ未定だからです。

また曜日をあえて書いているのは、

リード・ダンスの最終的な盛り上がりポイントはラストの日曜日と月曜日と言われているからです。

この2日間が、メインの会場で踊りを披露したり、

国王が登場する日だからです。

 

その2日間だけいればいいですか?

旅行で来られる方は7日間滞在するのはなかなか大変だと思うので、この疑問が出てくるかと思います。

答えは、はい、2日間で大丈夫です。

見どころはこの2日間のようです。

実際現地に住んでいる私にさえ、

「この2日だけいけば十分だよ。皆そうするし。」って地元の人は教えてくれます。

(※前述の通り、日程はあくまでも現時点での予想になります。)

 

ただ当日の交通状況などは混雑が予想されるため、

その日の朝他国から入国などは間に合うか不明です。

 

リード・ダンスってどんなことするお祭り?

リード・ダンスは約1週間かけて行われるお祭りで、

まず国中から参加する若い女性が王宮の王母の前に集まります

その後一旦周辺に散り、リード(葦)を刈り取り束にして、

それを王母に捧げるために再度戻ってきます。

リードを捧げた後は、今度は踊りを王母に捧げ、最後に王の謁見があり、終わりです。

この行程を1週間賭けて行うのが、リード・ダンス(Umhlanga)です。

 

どこでやるの?

場所はエスワティニの首都、ムババネ(Mbabane)から車で1時間弱で着く、

Ludzidziniという場所のRoyalResidenceで行われます。

もし今年のリード・ダンスに来たい!という方いれば、ご連絡頂ければ現地でガイド的なことも出来ます!

こちらのコメントでも、Twitterのアカウント(@ashitaga888)かインスタのアカウント(@motyu11)にでもご連絡下さい!

 

処女ダンスって言われてるけどどうなの?いかがわしいの?

お祭り自体は全然いかがわしくないです。

これは他のお祭りや、地元でやる踊りの場などでもそうですが、

若い女性が上裸だからといって、いかがわしい雰囲気は全く無いです。

これは未婚女性であることの現れであり、

むしろその後の結婚などにはとても積極的な文化だからこそ出来る表現だと考えられます。

 

が、一部ではこれを機に相手探しをしているというのも事実のようで、

そういった出会いの場になっているのは確かなようです。

そのため、遅い時間の夜歩きはしないほうが良いです。

こういった、いい意味でも、(海外から来た私達から見ると)悪い意味でもオープンな文化が、

エスワティニ(スワジランド)の特徴でもあるといえると思います。

 

まとめ

2018年8月末から9月頭に南アフリカやモザンビークまで来られる方は、
是非この日はエスワティニ(スワジランド)に来て下さい!
短期滞在ならビザ不要で陸路でも問題なく入国できますよ〜!

 

(↑は別のイベント。エスワティニは色んな国をあげてのお祭りがあります!)