[勝手にコラボ#2]エスワティニであのYKKの工場見学に行ってきた!

エスワティニ(スワジランド)

青年海外協力隊としてエスワティニに派遣されているYujiです!

さて今回も、前回に続いて勝手にリンク企画!

前回分はこちら

 

[勝手にコラボ]エスワティニの高校の授業を1年やってみて
...

 

 

今回はルワンダに派遣されている同期のブログで、工場見学に行ってきたらしいので

私もエスワティニの工場見学を!

ルワンダ・ナッツ - Tomorrow is another day!
ども,えみゅ~です。 この前の土曜日にルワンダ・ナッツ・カンパニーへ 見学に行ってきました! この会社は日本人が2012年に立ち上げた会社です。 現在,ルワンダのナッツ分野で, 規模の大きな会社となっています。 *大人の事情により写真掲載できないのと, ふわっとした記事になってしまうことをご了承ください m(__)m ...

 

今回私は、エスワティニにあるYKKのファスナー工場に見学に行ってきました!

たまたまご縁があって、

エスワティニの孤児院の子どもたちと一緒に社会科見学という形で訪問させて頂きました!

 

YKKってどんな会社?

一応念の為ご説明しておくと、

YKKは世界シェアでほぼ半数を占めるほどの超巨大ファスナーメーカーです。

YKK - Wikipedia

 

ファスナー(チャック)が引っかかったり、壊れたりした経験は誰しもあると思いますが、

YKKのファスナーはそうゆうことが他のに比べてかなり少ないです。

 

私はバッグなどを買う際、

ファスナーがYKKかどうかチェックしてから買います。

それぐらい、YKKのファスナーは信頼を置けます。

 

エスワティニにYKKの工場があるの?

そうなんです!

何と、日本創業の大企業YKKが、ここエスワティニに工場を持っているのです。

 

これには様々な理由があるようですが、

元々は南アフリカに拠点を考えていたところ、

アパルトヘイト政策の影響で進出が拒まれ、

エスワティニ(当時のスワジランド)になったという経緯があるようです。

 

場所はエスワティニの工業地帯、Matsapaにあります。

ここで働いているエスワティニ人の彼らはシフト制になっていて、

何と今は2交代で24時間稼働させているとのこと。

結構厳しくないか!?

と思ったんですが、

実際お給料もかなりいいようで、勤続30年を超える社員も何人もいました。

努力に見合うリターンのある会社、この↓の「善の巡環」があるということなのでしょう。

どんな工場見学が出来るの?

工場見学に赴いたら、まずは工場のトップの方からご挨拶いただき、

またYKKの成り立ちについてのビデオを見せて頂きました!

(前編日本語音声、英語字幕!)

 

経営理念:YKK株式会社
YKK株式会社の公式サイトです。YKK株式会社の経営理念を掲載しています。

 

(ネット上に映像がなかったので、YKKの経営理念

 

YKKが日本の企業というのは知っていましたが、

実際成り立ちなどは知りませんでした。

まさかエスワティニで日本企業の勉強が出来るとは思っておらず、とてもいい経験でした!

 

お話しの中で、

YKKの社訓である“善の巡環ーCycle of Goodness.”という考え方についても話がありました。

興味がある方は是非調べて頂きたいですが、

何が凄いって、

この善の巡環について、外国の方が英語で誇らしそうに説明していたことです。

 

力強い心情は、言語や民族を関係なく響くものがあるんだなと、とてもいい経験になりました。

 

工場見学の内容

工場の中のほとんどのエリアを見れました!

  • ファスナーの製造ライン(3種類あり、それぞれ作り方や材料が違いました)
  • ファスナーの染色と染料の作成工程
  • 色の確認を行う検査室
  • 品質管理と保証を行う検査室
  • 食堂

などなど。

 

ファスナー用の機械は日本から持ってきている物がほとんどとのことで、

どれもかなり年季が入っていました。

 

特に面白かったのが色の検査を行う検査室での出来事!

 

この検査室では、染料をお客様のオーダーに合わせて制作し、

また染めた後のファスナーが顧客の要望通りの色になっているかチェックしています。

色にはカラーコードが振られていて、その種類は数千にも及ぶとのことでした。

いわゆる、色のプロなのです。

 

そこで私がなんとなく気になって、子供の一人の髪色(染めていて、綺麗な水色をしていました)を指し、

「この子の髪色が何番かとかって、すぐ解るんですか?」

と聞いたら、

「大体550番ぐらいかな。」とさらっと答えたのです。

すると一緒について回っていた工場長(つまり色を答えた人の上司)が、

「お、せっかくだしカラーブックでチェックしてみろよ面白い!」

と言い出しチェックしてみたら、

なんとほぼ同色で正解だったのです。プロの業に驚きました。

 

YKKの工場見学はおすすめ!

日本の黒部でも行ってみたいと思ったぐらい面白かったです・・・!

 

もし日本、もしくはエスワティニに来た際は是非!笑

 

コメント